自動車保険

ダイレクト型通販の自動車保険は結局どこが良いの?ランキングとか信用できない

ダイレクト型通販とは代理店を通さないインターネット等から申し込むタイプの自動車保険(任意保険)です。

「お電話下さい」というフリーダイヤルの電話番号を出す自動車保険のテレビCMを見たことがありますよね。こういったものがダイレクト型とか通販の自動車保険とここでは言っています。

ソニー損保(一番衛星放送でCMが出てくる)とかチューリッヒとか損保ジャパンとかたくさんあります。その中でどこが良いんだろうか?迷いますよね。

スポンサーリンク

損保会社の間で差は特にない

todash

結論から申しますとこういったダイレクト型の損保会社に大きな差はありません。大体は横並びでサービス内容も似たり寄ったり、ロードサービス付きというのは今では当たり前になっていますから安心です。特約に関しても必要なものはどの損保会社でも揃っていますから、どこを選んでも大した差がないという状況になっているのが真実です。

ですから損保会社ランキング!なんていうのは根拠がないですよね。

ただし保険料が結構違うんです!

通販型自動車保険の見積もりをしてみると分かると思います。

代理店契約とダイレクト型契約の違い

代理店契約というのは損保会社の間に一社挟んで契約する形です。何でこういうことをするのかと言えば、いろいろな理由がありますが、私達からすると代理店の営業の人から直接保険のアドバイスを受けたり保険内容を質問したりすることができることがメリットになるとは言われています。

ただ代理店契約は親身になって…というイメージがありますがほとんど営業の人とも顔を合わせないので(合わせるのは事故の時だけ…)ダイレクト型とほぼ変わらないでしょう。

代理店型の最大のデメリットとしては間に一社挟むのでその分保険料が高くなります。

(ダイレクト型も契約によっては一社挟んだりと複雑ですが実店舗の代理店を挟まない限りは安いので余り気にしなくて良いです)

日本では現状ダイレクト型契約よりも代理店契約の方が圧倒的に多いと言われています。その理由の一つとしては自動車販売店が代理店を抱え込んでいるかまたは自分のところでやっているパターンが多いからですね。

最初に自動車を買う場合にはどうやって任意保険に入ったら良いのか分からないじゃないですか?ですから車屋さんが親切にここに入ったら良いと言われたら素直に入るわけです。確かにいきなりダイレクト型の損保に入るのはどうかと思いますのである意味で親切で手間がかからないと思います。

ただ一般的な民間損保会社の代理店契約だと保険料が高いです。ダイレクト型の2倍以上する場合もありますので見直した方が良い人が多いのが現状ですね。自動車保険というのは実は一年後に契約を見直す性質がありますから、乗り換えは案外と簡単です。保険満了日の一ヶ月前くらいから保険の査定をして見直すということは大事です。

ダイレクト型通販の自動車保険は結局どこが良いの?

ダイレクト型の自動車保険はどこに入ったら良いのか?結局どうなの!?

という疑問がありますよね。これは安いところで良いと思います。

先ほど示した、自動車保険の査定をしてみて自分が今一番安い保険に入れば良いでしょう。

損保会社は正直どこも大手企業ですし”チューリッヒ”ってどこの会社なんだよと思われる方もいらっしゃるでしょうが、今は保険会社というのはほぼ外資なので日本の会社名でも主要な株主は外国人というところがほとんどです。サービス内容も横並びですしどこに入ってもほとんど変わりません。

それだけに一番安いところに入った方が良くないでしょうか?

自動車保険が2万円以下になりました!

1235年間4万円程度払っていた自動車保険が2万円以下に!

ネットで保険を見積もってみたら半額以下に。
あなたの保険高すぎではありませんか?

※保険の見積もりはメール対応のみなので煩わしさはありませんでした。

arre自動車保険一括見積もり

最大20社見積もりできます。aurg

スポンサーリンク

-自動車保険