廃車関連のまとめ

廃車手続きに必要なものは?永久抹消登録・一時抹消登録書類一覧

廃車手続きに必要なものはいろいろあります。

廃車には2種類ありますので永久抹消登録と一時抹消登録を分けます。

最終的に完全に廃車にするにはほぼ同じ書類の用意が必要になります。

尚、永久抹消登録や一時抹消登録の違いはこちらから確認して下さい。

sig587

●永久抹消登録

・車検証

・ナンバープレート(前後2枚)

・所有者の印鑑証明書(発行3ヶ月以内)

・所有者の実印

・移動報告番号と解体記録日

・手数料納付書(陸運局内で入手可)

・永久抹消登録及び解体届出(陸運局内で入手可)

といったものが必要になります。

自動車が盗難に遭った場合には車検証やナンバープレートが有りませんので、そういった場合には理由書を書いて認められば提出の必要はありません。

スポンサーリンク

一時抹消登録の場合

●一時抹消登録

・車検証

・ナンバープレート(前後2枚)

・所有者の印鑑証明書(発行3ヶ月以内)

・所有者の実印

・手数料納付書(陸運局内で入手可)

・一時抹消登録申請書(陸運局内で入手可)

となります。

その後に完全に廃車にする場合は解体届出を

●解体届出

・登録識別情報等通知書(or一時抹消登録証明書)

・移動報告番号と解体記録日

・手数料納付書(陸運局内で入手可)

・永久抹消登録及び解体届出(陸運局内で入手可)

・認印(はんこを押します)

となります。

廃車は自分でする必要なし?

若干、失礼な言い方になるかもしれませんが、自分で廃車をするという方はかなり暇な人のみだと思います。

手続きが煩雑ですし、お金も多少かかります。用紙代の100円とか350円とかそういったレベルですが。

しかし完全に廃車にするには車を解体した後に陸運局に行かないといけないなど現実的ではない部分もあると思います。

ですから通常は車屋さんに頼んだり、廃車の業者に頼みます。

これなら費用や手間が掛からないという訳です。

ただし車屋さん、ディーラーですと廃車費用を請求される場合も多数ですから、廃車専用の業者に頼むと逆にお金を貰えることが多いです(笑)。

ただ動かない車でも車の買取店で買い取ってくれる場合が多いですので、まずは買取業者に掛けあって廃車予定の車を売るのが一番良いと思います。

買取金額は買取業者>>>廃車業者となります。

車屋ですと手間が掛かるということで逆にお金を取られる場合もありますから注意です。

自動車保険が2万円以下になりました!

1235年間4万円程度払っていた自動車保険が2万円以下に!

ネットで保険を見積もってみたら半額以下に。
あなたの保険高すぎではありませんか?

※保険の見積もりはメール対応のみなので煩わしさはありませんでした。

arre自動車保険一括見積もり

最大20社見積もりできます。aurg

スポンサーリンク

-廃車関連のまとめ