廃車関連のまとめ

永久抹消登録と一時抹消登録+解体届出の違いとは?

廃車には永久抹消登録と一時抹消登録があります。

その違いとは文字通りに永久抹消登録が完全に廃車をするということ。そして一時抹消登録は一時的に廃車状態にしておくことです。

それとは別に解体届出というものもあります。

いろいろありますが、なぜこういった制度があるのかと言えば簡単に言えばお金・税金の問題です。

自動車重量税の還付の問題にもありますが、永久抹消登録の場合は税金が還付される。しかし一時抹消登録では還付されないのです。

しかし一時抹消登録をしてから解体届出をすると重量税は還付されます。

ん?どういうこと?という話です。

スポンサーリンク

永久抹消登録とは?

NIG6587

まずあなたが自分で廃車をして重量税の還付を受けたいという状況で考えるのが一番理解が早いかと思います。

永久抹消登録は自動車を解体した後に役所に廃車にしましたよと届け出を出します。

この場合には移動報告番号解体記録日というものを解体業者から教えてもらってからでないと手続きができません。

ですから今すぐに廃車手続きをできませんが、手続きが一度で済むのが永久抹消登録のメリットです。

一時抹消登録+解体届出

一時抹消登録というのは後でまたその車を使うから一時的に登録を中止する制度なのですが、一時抹消登録をして完全に廃車する方法もあります。

それは一時抹消登録+解体届出です。

永久抹消登録や一時抹消登録とは別に『解体届出』という手続きもあります。

永久抹消登録とは解体届出が要らない廃車方法で手続きが1度で済むという形です。

一時抹消登録+解体届出は二度手間になります。最初に一時抹消登録をしてから、後に車を解体してから、解体届出を出すということになります。

手続きに関しては最寄りの陸運局ということになります。

何でそんなことするのか?

そうですよね、永久抹消登録なら一度で済むのに…(-.-;)ということです。

これはいろいろなケースがあっていろいろな理由が考えられます。ただ個人が廃車にするという観点での一番の理由は自動車税を止めたい(還付を受けたい)という場合に有効です。

結局、永久抹消登録は車を解体して移動報告番号解体記録日を解体業者から教えてもらわないと手続きができません。すぐに廃車にできないのです。

廃車にしようと思った時が3月後半ですと実際の手続きは4月になりますから、自動車税がまた来てしまいます。そうなると年度が始まってしまうので所有者に自動車税が来てしまうんです。軽自動車なら月割の還付制度がないので丸損となってしまいます。

そういった時や或いは、一ヶ月でも自動車税を払いたくないというケースでは一時抹消登録+解体届出は有効でしょう。

こういうことは自動車屋さんでも実際にやっていることかもしれません。年度末ギリギリになってから車検が重なって車を急遽、買い換える人もいますからね…。

自動車保険が2万円以下になりました!

1235年間4万円程度払っていた自動車保険が2万円以下に!

ネットで保険を見積もってみたら半額以下に。
あなたの保険高すぎではありませんか?

※保険の見積もりはメール対応のみなので煩わしさはありませんでした。

arre自動車保険一括見積もり

最大20社見積もりできます。aurg

スポンサーリンク

-廃車関連のまとめ