自動車保険

無事故無違反で等級も最高なのに保険更新料が上がる理由とは?

2016/09/13

無事故無違反で等級も最高!しかし来年の自動車保険の更新料金が上がるなんてことがあります。

普通は無事故無違反ならどんどんと保険料が下がっていきます。自動車保険は事故なしなら年々加入していると保険料が下がっていきます。

しかし20等級まで行くとそれ以上は等級が上がらないので保険料は横ばい、かと思いきやいきなり保険料が上がる場合があります。

スポンサーリンク

車種で保険料が上がる【料率クラス】

GIB65

保険料が上がってビックリ!

何も無いのにいきなり保険料が上がる場合には車種が原因である場合が多いです。

型式別料率クラスと言われるものがあって車両型式ごとにその数値が違います。

この料率クラスは1年に一回更新されますので事故が多いと判断された車は保険料が多少上がってしまいます。

無事故で何もないのに保険料が上がる原因としては料率クラスが原因かもしれません。余りにも高くなる場合には保険会社に問い合わせるべきです。

【参考資料】

Q.料率クラスとは何ですか? 

A.料率クラスとは、自家用普通乗用車・自家用小型乗用車の型式ごとに設定された、保険料を算出するための要素のひとつです。料率クラスは「車両」「対人」「対物」「傷害(搭乗者傷害・人身傷害)」の補償ごとにクラスが決められています。

1~9の9つのクラスに分類されており、 数字が少ないほど保険料が安く、数字が1つ上がることにより、その補償部分に対する保険料は1つ下の料率クラスと比較して約20%上がります。

なお、この料率クラスは型式ごとの事故実績により損害保険料率算出機構にて毎年見直されますので、お客さまの事故の有無に関わらず、ご契約の自動車の料率クラスが変更となった場合、ご契約の更新後の保険料も変更されます。

損保ジャパン日本興亜

それ以外の理由としては年齢

それ以外に無事故で保険を使っていないのに保険料が上がる理由としては年齢があります。

一般的には60代から自動車保険は上がっていきます。そう言えばうちの父の保険料が高いのは(年間8万円以上)そのせいかもしれませんね…。

これはどの保険会社でも上がりますので仕方ありませんが、それ程乗らないのであればやはり保険を見直した方が良いです。年配の方は特に代理店契約が安心だからということで代理店で契約しているケースが多いようですが、通販型の保険に入れればかなり安くなるでしょう。ダイレクト型は加入が簡単そうですが、実際は加入が厳しかったりしますのでそれを調べるには保険の見積もりを利用するのが良いでしょう。

全社で基準は同じだが何故か保険料は全然違う

料率クラスについては全社同じ基準でやっています。「損害保険料率算出機構」という公的な期間が出している数値ですから全社それを元に保険料を出しているということです。

年齢も然りで60代、65歳と年齢が上がっていくごとに事故率も高まりますので保険料も上がっていく仕組みなのです。

しかしそれでも保険料を見積もりしてみると結構差が出てきますので不思議だなと思います。損保会社は今日本企業でも実質的に外資になっているからなのでしょうか。純粋な日本企業なら価格は横並びが当たり前ですから何でも功罪はあるものです。

最近は特にネットから申し込むと(永続的に)1万円引きというサービスが当たり前になってきたのでやはりネットを生かして保険料も安くしたいですね。

自動車保険が2万円以下になりました!

1235年間4万円程度払っていた自動車保険が2万円以下に!

ネットで保険を見積もってみたら半額以下に。
あなたの保険高すぎではありませんか?

※保険の見積もりはメール対応のみなので煩わしさはありませんでした。

arre自動車保険一括見積もり

最大20社見積もりできます。aurg

スポンサーリンク

-自動車保険