自動車保険

車両保険を付けない派の意見※車両保険は意味が無い

2016/09/15

車両保険を付けない派の意見です。特にあなたにそうしろという話ではないことを予め言っておきたいです。付ける付けないは自由です。

さて車両保険を付けない理由としてはこの保険は余り意味が無いと思っています。車両保険は自分の車が破損した場合に下りる保険です。

例えば自損事故で修理代金が10万円になったとします。これは車両保険を使おうと思うじゃないですか?こういう時のために毎年高い金を出して払っていた訳です。

スポンサーリンク

しかし等級が下がりプラスマイナス0

EBITY

しかしこういう時に車両保険を使うと来年から等級が3つ下がり戻るのは3年後。計算してみると約10万円の値上がり。結局保険料が上がって同じ金額が後で請求されたりします。

車両保険を使うと必ず3等級ダウンになりますので(災害等を除く)、保険料の支払いが上がってしまいます。なるべくなら大きな金額の時に使わないと損です。

現金を出すのが勿体無いから同じくらいの金額なら車両保険を使おうという方は多いかもしれません。せっかく保険に入っているしねという感覚です。しかしその後にも自損事故を起こすかもしれませんし車両保険を使わないといけないことに遭遇する可能性が否定できません。何回も車両保険を使っていると等級もどんどんダウンしていきます。

更に言えばダイレクト通販型の自動車保険は年2回保険を使うと次の更新を拒否されると言われています。ですから無闇に車両保険を使うことは正しいとは言いがたいのです。そもそも保険を使うと記録に残ってしまいますのでこれも余り好ましいことではありません。

車選びは車体価格だけじゃない

高額な新車を買うというのは気持ち良いことかもしれませんが、車両保険には入らないといけないので車体価格だけではなく維持費が高くなります。車両保険を付けると途端に維持費の中の保険代の比率が大きくなります。

中古車で100万ちょっとの車を買うのが最もリーズナブルだと思います。余り安い車ですと長く使えません。その程度の車ですと普通は車両保険には入りません。

維持費は燃費の問題だけではありません。例えばスポーツカータイプですと自動車保険が高いですので(料率クラスが高い=事故率が高い)維持費も底上げされます。輸入車も自動車保険が高いです、それは盗難の補償が高額になるからです。

ですからいろいろ考えれば考えるほど程々の車が一番良いなという結論になります。無理をして買う車は運転していて楽しいものではありません。ぶつけられないか、どこがで盗まれてはいないかと気が気でなくなる訳です。こんな思いでマイカーを所有するのは精神衛生上よろしくないでしょう。車両保険があっても全損の場合でも全額は補償されないことが多いです。

余り車に乗らない人には必要ない

余り車に乗らない人は要らないですよね。事故の確率も低いですし。

「余り乗らない」というレベルは人によって違いますが、毎日のように乗っても近所に行くくらいという感覚でしょう。通勤に使ったり買い物に行くくらいだという場合は余り乗らない感覚です。

遠出したりドライブが趣味という方はまた別でしょう。

車両保険で保険料が倍になるのは許せない

こういう人はやっぱり付けないように車選びから注意するべきですよねやっぱり。

私がそういうタイプで保険料を倍払ってまで何で車両保険付けないといけないの?という感覚です。

車種によっては10万近く払っている人もいるそうですから大変だなーと思います。別に良い車に乗っているから周囲の評価が上がる訳でもないですし、モテるのか?と言えば微妙な話です(^O^;)

良い車というのは自己満足や趣味で乗っている人がほとんどですから、考えれば考えるほど車両保険が必要な車を選ぶのはNGなんじゃないかと思えてきました。車両保険を付けない派というのはケチな人が多いでしょう笑。

自動車保険が2万円以下になりました!

1235年間4万円程度払っていた自動車保険が2万円以下に!

ネットで保険を見積もってみたら半額以下に。
あなたの保険高すぎではありませんか?

※保険の見積もりはメール対応のみなので煩わしさはありませんでした。

arre自動車保険一括見積もり

最大20社見積もりできます。aurg

スポンサーリンク

-自動車保険